制汗 体臭対策

汗やのニオイを抑える対策方法

これからの時期はどんどん気温と湿度が上がり不快な時期になります。
気温の上昇とともに汗をかくことも増え、その汗を放置してしまうと雑菌の繁殖などにより肌や服から悪臭を放ってしまいます。

 

握手ができないくらい手汗をかく人もいますし、足から悪臭がするくらい汗をかく人もいます。特に脇の汗やニオイはキツイですよね。

 

そんな、嫌な臭いの汗を出さないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
まずは、自身の生活態度を見なおして、問題点を浮き彫りにする必要があります。

 

一番の原因は、運動不足です。運動を普段行っている人と、全くやっていない人の汗は成分が全く違います。運動を行っている人の汗は、サラサラとしていて、アンモニアなどの嫌な臭いの原因物質となるものが含まれていません。

 

一方で、全く運動をしていない人の汗は、ベタベタとして皮脂や汚れを含んでいます。
それを放置すると雑菌が繁殖し、汗に含まれるアンモニアの臭いもあいまって不快な臭いを生じさせます。

 

このべたつく嫌な汗を少しでもサラサラにするには、運動が一番なのですが、暑くてジメジメした時期に運動をするのは始める前から嫌な気持ちになってしまいます。

 

そこで、まずは、食生活の改善と入浴方法の改善です。食生活では、血行を良くする食べ物を食べたり、臭いのキツイものを控えるようにしましょう。

 

入浴のときには、体温より少し熱めのお湯で半身浴をしましょう。入浴後に体を拭いたら、あまり体を冷やし過ぎないように常温の水を飲みましょう。汗腺の働きが活発になるような入浴をしてみるわけです。

 

また、汗の質を改善するのと平行して、臭い対策も行いましょう。
常に着替えを持ち歩くということや、汗をかいたらすぐにタオルで拭く、制汗剤を持ち歩くなど日頃から行える努力があります。

 

臭いが強くどうしても気になるという人は、ミョウバン配合の制汗剤を使用しましょう。もしくは、薬局等で、ミョウバンを購入し、自作のミョウバン水を作ってもいいです。
その他には、ハッカ油で汗自体をかかなくする方法があります。

 

あくまでもかきにくくなる程度なので、完全にはなくなりませんが、薄めたハッカ油を直接スプレーするだけで爽快感があります。一番忘れずにしたいのは、夏場は小まめに水分補給をして、濃度の濃い汗をかかないようにすることです。

 

また汗やニオイを抑えるならば、デオドラント系の制汗剤などを常備使用することもお勧めですね。例えば、手の汗を抑えたいのであれば、手汗を抑える方法 | 簡単な対処法はコチラで紹介されている制汗剤などがオススメですね。

 

汗と臭いは日々の生活やデオドラント剤などでマメに治すことを意識することが重要。
毎日のケアは大変だと思いますが、改善させるまでは日々の努力が必要になってきます。

 

 

 

誰でも足の臭いが気になったことは1度や2度はあるのではないでしょうか。
特に靴を履いていて脱いだ時にいやな臭いがすることが多いと思います。

 

仕事で革靴を使っている人などはてき面で、革製品の靴を履いている時は特に臭いが気になります。足の臭い、特に靴を履いている時の臭いが気になって私も何とかならないものかと色々と試して見ました。

 

靴の中に消臭スプレーをかけたこともありますが、その時は一時的に臭いが軽減されますが、結局また履くと消臭スプレイの臭いとくさい臭いがMIXされて余計にひどい状況になってしまいます。除菌効果のあるスプレーを使ったこともありましたがこれも効果は全くありませんでした。

 

そこで私がとった方法は、まず靴の下に靴底を履くということです。
靴底を使用すると、靴底が汗を吸い取ってくれていやな臭いも吸収してくれます。

 

靴底自体に臭いは付着してしまうのですが、靴底を洗ってしまえば問題ありません。
靴底を何個か買っておいてそれを毎日ローテーションで使用するようにすると臭いが軽減されました。

 

そしてもう一つの方法は、同じ靴を連続で2日間履かないと言うことです。
忙しい毎日、どうしても毎日同じ靴を履いてしまいがちですが、同じ靴をずっと履いているとどうしても靴の中が蒸れてしまってカビや臭いの元となる雑菌が繁殖してしまいます。

 

そこで、同じ靴を使うことなく靴をローテーションすることで靴の中が乾燥して、じめじめがなくなるので臭いの元となる雑菌等の繁殖を抑えて臭いが軽減されます。

 

同じ靴を連続で履かない様にすることを徹底して、靴底も入れ替えるようにしたところ、足の臭いは全然気にならないようになりました。足の臭いを防ぐには、靴の中のじめじめとした湿気の多い環境を少しでカラッとした湿気の少ない環境に変えてあげることが大事だと思います。

 

そして私が一番気をつけたポイントとしては、足に汗をかかないように心がけることでした。抑臭効果があり制汗してくれる足専用のデオドラントも使用しています。
それは、こちらの足汗を止める対策で見つけて以来愛用しているデオドラントです。汗と臭いを抑えるはかなりお勧めですので、気になる方はぜひチェックして下さいね。

 

また、靴によってはメッシュ状になって風通しが良いように作れられている商品もあるのでそういったものを併用するとさらに効果が上がります。

 

 

夏になると汗をかくことが多くなります。そして、タオルなどを使って汗をふく機会も増えます。確かに、タオルを使えば、汗の影響を抑えることができると思われます。
しかし、脇の下については、とてもやっかいだと思っています。

 

脇の下の汗というものは、気をつけないと汗染みとなって洋服を汚してしまいます。
こうなると、元通りにすることはとても難しくなります。こういった汚れは、通常の洗濯では落としにくいのです。そのため、お気に入りの洋服を台無しにしてしまうこともあるのです。

 

こういったことを防ぐために、脇の下の汗はこまめにふくようにしています。
それでも、とても暑い日などは、脇の下にたくさんの汗をかいてしまいます。

 

そして、気がついたら汗染みとなっているのです。こういった理由から着られなくなってしまった洋服もけっこうあるのです。これはとても残念なことだと思っています。

 

こんなことから、今では、からだに密着するようなかたちの洋服は選ばないようにしています。
脇の下などは、できるだけ余裕のあるデザインの服を選んでいます。そのほうが風通しも良く、脇の下に汗をかくことも少ないのです。そして、汗染みになることも少ないと思っています。

 

また、汗をかいたと思ったら、できるだけ早く洗濯をするようにしています。
汚れた衣類というものは、そのまま放置している時間が長ければ長いほど、汗染みなどになりやすいと考えています。

 

また、夏に着る洋服はドライクリーニングではなく、家で洗えるものを選ぶようにしています。そうすれば、こまめに洗濯をすることができます。
その結果、汗染みになることを防ぐことができると考えています。

 

制汗剤などを使うことも効果があるように思われます。
でも、夏という季節は、日焼け止めなど、いろいろなものを肌につけることになります。

 

制汗剤まで使用することは、なんとなく肌に負担になってしまうようにも思われるのです。
特に脇の下の肌は敏感だと思っています。こういうことには気をつけたいです。

数年前から、手汗が多い体質になってしまいとても苦労している私。

 

趣味の野球ではグローブが臭くなってしまったり、バットが滑って上手く打てなくなったりなど日々てんやわんやな状況が続いているわけなんですが、今回は特に笑い事では済まない事件が起こってしまったんです。

 

あまりの手汗の多さにPCのキーボードが壊れました。
半年前に購入したばかりのお気に入りのキーボードがおしゃかです、何て事だ!!まさに頭を抱える事態です。

 

そこで考えたのですが、このまま手汗を放置していてはまた同じ事態は避けられないだろうな、と思うわけで今回は生まれて初めての手汗対策を練ってみました。

 

まず制汗剤は利くんですが持続性がないんですよ。
仕事中もこまめに使わないといけないので手間がかかりますし出費もなかなかバカにならないです。

 

次に試したのが漢方薬です。
これは一定の効果はあったのですが副作用で眠くなってしまい断念です。
しかしこれ自体は人によっては副作用も出ないと思われますのでいいかも知れませんね。

 

私の場合は一般的に使われるとされる水分コントロール系の漢方薬よりも、リラックス効果のある漢方薬の方が効果が高かったです。
リラックスしすぎてとっても眠たくなってしまいましたけどね。

 

それで次にやってみたのが手袋です。
これはまずコンビニなどで売られている安くて薄手の白手袋で試してみたのですが通気性はぼちぼちだったのですが薄すぎてべとべとになってしまった手汗が滲んでしまったのでNG。
布は良くないみたいです。

 

では次にビニールの使い捨て手袋を使ってみましたが、これはいいです!
職種によっては使用できないのがネックですが、ビニール手袋は密閉性があるので外に漏れることはなくなりました。

 

とりあえずこれならなんとかなるな、という感じですね。
今使っているものは普通のビニール製手袋ですが、これだと外す時に張り付いて痛いので、パウダー入りのものを近々試してみる予定です。

 

手袋を使用することで一定の問題は改善されましたが、今後は手術なども検討中です。
まだまだ、私と手汗との戦いは続きます。

 

関連する記事:汗やのニオイを抑える対策方法

 

 

気温が上昇する夏がやって来ると気になるのが汗と汗による体臭です。
誰でも汗を放置しておくと雑菌が発生して臭いを発するようになるので、しっかりと汗対策をして、周りに臭いを撒き散らさないようにするのがエチケットでもあります。

 

そんな汗の臭いを抑えるのに役立つのがデオドラント剤です。
ドラッグストアにはたくさんのデオドラント剤が並んでいますから、好みや効果、利用シーンに応じて幾つかのタイプを持っておくのが良いでしょう。

 

一番利用者が多いのがスプレータイプのデオドラント剤です。
気になる部分にシューっとスプレーするだけで汗を抑えて消臭してくれるので、手軽で便利だというメリットがあります。またースプレーした時の爽快感が暑い夏には最適です。

 

ただし、手軽に使える分制汗効果や消臭効果は穏やかなものなので、一時的に汗や臭いを和らげたいという場合に向いています。

 

そして、ロールオンタイプやクリーム、スティック状のデオドラント剤もあります。
直接肌に塗りこむことができるので、有効成分をしっかりと肌に浸透させることができ、長時間汗や臭いを抑えてくれます。

 

スプレータイプよりも肌にしっかりと密着してくれるので、その分効果も高いという特徴があります。使い方のポイントとしては、しっかりと乾かしてから衣服を身に着けるようにしましょう。
成分によっては衣類の色を変色させてしまう場合があります。

 

そして、シートタイプのデオドラント剤もあります。
汗をかいたらすぐに拭くことができて、雑菌の繁殖をその場で抑えることができるので、体臭予防には効果的です。

 

汗そのものを抑える効果はほとんどなく、汗を拭き取って臭いを発生させないという予防的な使い方をするのが向いています。

 

選ぶ時のポイントとしては、シートの質が良いものを選ぶのが良いでしょう。
シートの質が悪いと繊維がすぐに毛羽立ってしまい、肌を傷つけてしまうことがあります。

 

手軽に使えるものや長時間汗や臭いをおさえてくれるものなど、それぞれに特徴があります。
複数のデオドラント剤を上手く使いこなして、夏の汗対策をしっかりと行っていきましょう。