足の臭い 軽減

靴と足の臭いを軽減させる対策

誰でも足の臭いが気になったことは1度や2度はあるのではないでしょうか。
特に靴を履いていて脱いだ時にいやな臭いがすることが多いと思います。

 

仕事で革靴を使っている人などはてき面で、革製品の靴を履いている時は特に臭いが気になります。足の臭い、特に靴を履いている時の臭いが気になって私も何とかならないものかと色々と試して見ました。

 

靴の中に消臭スプレーをかけたこともありますが、その時は一時的に臭いが軽減されますが、結局また履くと消臭スプレイの臭いとくさい臭いがMIXされて余計にひどい状況になってしまいます。除菌効果のあるスプレーを使ったこともありましたがこれも効果は全くありませんでした。

 

そこで私がとった方法は、まず靴の下に靴底を履くということです。
靴底を使用すると、靴底が汗を吸い取ってくれていやな臭いも吸収してくれます。

 

靴底自体に臭いは付着してしまうのですが、靴底を洗ってしまえば問題ありません。
靴底を何個か買っておいてそれを毎日ローテーションで使用するようにすると臭いが軽減されました。

 

そしてもう一つの方法は、同じ靴を連続で2日間履かないと言うことです。
忙しい毎日、どうしても毎日同じ靴を履いてしまいがちですが、同じ靴をずっと履いているとどうしても靴の中が蒸れてしまってカビや臭いの元となる雑菌が繁殖してしまいます。

 

そこで、同じ靴を使うことなく靴をローテーションすることで靴の中が乾燥して、じめじめがなくなるので臭いの元となる雑菌等の繁殖を抑えて臭いが軽減されます。

 

同じ靴を連続で履かない様にすることを徹底して、靴底も入れ替えるようにしたところ、足の臭いは全然気にならないようになりました。足の臭いを防ぐには、靴の中のじめじめとした湿気の多い環境を少しでカラッとした湿気の少ない環境に変えてあげることが大事だと思います。

 

そして私が一番気をつけたポイントとしては、足に汗をかかないように心がけることでした。抑臭効果があり制汗してくれる足専用のデオドラントも使用しています。
それは、こちらの足汗を止める対策で見つけて以来愛用しているデオドラントです。汗と臭いを抑えるはかなりお勧めですので、気になる方はぜひチェックして下さいね。

 

また、靴によってはメッシュ状になって風通しが良いように作れられている商品もあるのでそういったものを併用するとさらに効果が上がります。